不妊治療サポート

menu

全国の施設を探す

妊活Baby-mo LINE公式アカウント

Copyright (C) 2021 akahoshi All Rights Reserved.

施設検索
プレゼント
menu

2021.10.26

体外受精・顕微授精

あなたが体外受精すべきかがわかる!不妊治療の名ドクターが語る5つのポイント【体外受精はコワくない!】

妊活・不妊治療中のもっとも多い悩みの一つが、体外受精へステップアップするかどうかです。
手術みたいでコワい、治療費が高い、それに通院がたいへんそうで、なかなか踏ん切りがつかないですよね。

そこで今回は、
世界最大の不妊・不育治療専門機関(IVF JAPAN)を開設しHORAC グランフロント大阪クリニック院長である森本義晴先生が、体外受精へステップアップすべき5つのポイントを解説してくださいました。

助成金が拡充された令和3年度は体外受精・顕微授精を受けやすい


体外受精や顕微授精へステップアップするとき、なにより心配なのは「お金」のこと。

助成金制度があるといっても、これまでは所得制限があったため、共働きカップルはギリギリ上限に引っかかって助成を受けられないということもありました。ですが、令和3年1月、助成金の所得制限がようやく撤廃に。

40 歳未満の女性が申請すれば、1 子につき体外受精 6 回まで毎回 30 万円がもらえることになりました。

第2子、第3 子と続けたとしても、毎回 30 万円が給付されます。「これなら頑張ってみようかな」と開始に踏み切れるカップルも多いのではないでしょうか。

【表で解説】体外受精・顕微授精の助成金について
助成金や保険適用については厚生労働省やお住まいの自治体のホームページで最新情報をご確認ください。※2021年(令和3年)10月現在の情報です


関連記事を読む⇒⇒特定不妊治療費助成事業が大幅に拡充!体外受精が受けやすく

培養液の質がぐんとよくなり、妊娠率も向上

近年、体外受精の技術はさまざまな面で進歩し、より安全に実施できるようになりました。

なかでも大きいのは培養技術の進歩です。
以前は受精卵を入れる培養液を途中で代えないと、アンモニアなどの有害な成分が出て、受精卵に悪影響をおよぼすと考えられていました。

しかし、現在ではそうした有害物質を発生させずに、細胞の分裂や増殖を促す「サイトカイン」という物質を含むすばらしい培養液が開発されています。

また、培養中の受精卵の様子を動画で記録できる「タイムラプス」装置ができたおかげで、受精卵を途中でとり出さずにすむようになりました。以前はチェックのために、1日1回は培養器をあけなければならず、培養環境が変化してしまうこともあり、受精卵にとってもっとも恵まれた環境とは言えなかったのです。

さらにこの装置では24時間受精卵の様子を追うことができるので、受精卵の分割異常をチェックできるのもメリットです。
通常、受精卵は1分割→2分割→4分割→8分割と進むのですが、1分割→3分割、または、2分割→5分割になるような受精卵は妊娠しにくいことが知られています。
そしてなにより、ご夫婦に分割の様子を動画で見ていただけるのがとても好評です。ご夫婦、ドクター、培養士が、みなで気持ちを共有することができるからです。
 
以前は体外受精でできた受精卵を数日後に子宮に戻す「新鮮胚移植」をしていましたが、現在は受精卵を急速に冷凍&保存し、それを解凍して移植する「凍結胚移植」が主流となりました。日本の凍結技術は世界でもトップクラスで、凍結・融解をしても、受精卵がダメージを受ける心配はほぼありません。

採卵した周期は、卵巣刺激の影響やストレスで、女性のホルモン環境はとても乱れています。ですから、体調をととのえ、子宮内膜がよい状態になるのを待ってから、凍結・融解した受精卵を戻すことで、妊娠率の向上をめざします。採卵した周期に移植する新鮮胚移植よりも、妊娠率は10%ほど高く、今や体外受精・顕微授精の8~9割を占めています。

そのほか、卵子を育てる卵巣刺激の方法や薬も新しいものが登場し、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用を、以前ほど恐れる必要が少なくなり、安全性はさらに高まっていると言えるのです。

体外受精へステップアップを考える5つのポイント

体外受精へのステップアップを考えるポイント5つを森本先生のアドバイスに伺いました。

ドクターアドバイス<体外受精&顕微授精の始めどき>


①女性の年齢

②不妊歴

③人工授精の回数

④婦人科系の疾患

⑤重度の男性不妊

【検討!体外受精ステップアップ】女性の年齢&不妊歴

体外受精へのステップアップを考えるポイントは、まずは女性の年齢とそれまでの不妊歴です。
まず、女性が35歳以上なら体外受精を検討していいでしょう。また、年齢にかかわらず、それまでの一般不妊治療がどんなものでも、 1 年以上妊娠できない場合、ステップアップを考えます。

そして、40歳以上なら不妊要因が特に精卵を急速に冷凍&保存し、それなくても、なるべく早く体外受精に進むことをおすすめします。

【検討!体外受精ステップアップ】人工授精の回数

実は、人工授精は5回目以降、妊娠率が頭打ちになるというデータがあります。
人工授精での妊娠率は 10%前後なので、HORACグランフロント大阪クリニックでは3回程度行っても妊娠しなければ、体外受精に進むケースが多いです。

なお、人工授精の成功率を上げようと、強い卵巣刺激を行うと、ホルモン環境が乱れ、卵子を育てる排卵誘発剤に対する反応性がにぶる可能性があります。そうなると、いざ体外受精に進んだときに困ることがあるので、人工授精の段階ではできるだけ自力での排卵を利用するのが望ましいと言えます。

【検討!体外受精ステップアップ】婦人科系の疾患

次にポイントとなるのは、女性側の卵管に問題がある場合です。卵管形成術で卵管の通りを改善することは可能になりましたが、卵管の内側にクモの巣状の癒着があったり、 絨毛(じゅうもう)がなくなっている人は、卵管が通っていても体外受精の適応になります。卵管水腫も自然妊娠がむずかしい病気です。

また、重度の子宮内膜症(チョコレート嚢腫)や子宮腺筋症がある場合、進行が早く、半年くらいで卵巣機能が悪化してしまうことがあります。また、AMH(アンチミューラリアンホルモン)値が1を切っている人は、卵巣に残っている卵子の数があまり多くないと考えられるため、早めのステップアップを検討してください。

【検討!体外受精ステップアップ】重度の男性不妊

男性側では、乏精子症、精子無力症、奇形精子症などがあれば体外受精の適応になります。精子の運動率には日によってバラつきがありますが、50%を割ることが多い人は体外受精を考えていいでしょう。

WHOの基準(運動率40%以下)を男性不妊の目安にすることが多いのですが、これは健康な男性とそうでない人の比較研究から始まっているものなので、数値が少し甘めであるということを知っておいてください。

《編集部より》リモート勤務の合間に通院できる今こそ、体外受精を検討

コロナ禍でリモート勤務がふえるなど、働き方が多様化している今は、体外受精を始めるのにいいタイミングです。

テレワークの場合、同僚の目を気にすることなく、自宅から通院できますし、融通のきく職場であれば、休憩時間を少し延長して、昼間に通院することも可能です。長時間の飲み会や出張がなく、時間に余裕があると、気持ちにもゆとりができますよね。つまり、リラックスした気持ちで体外受精ができるのです。

また、最近ではオンライン診療もかなり充実しています。クリニックによっては、初診~体外受精までオンライン診療がメイン。
お薬や、承諾書、自己注射のセットは郵送。通院はチェックのためと、採卵、胚移植のときだけという病院もあります。クリニックにぜひ問い合わせてみてください。

好評発売中!『はじめての不妊治療 体外受精と検査』

シリーズ累計100万部突破のはじめてママ&パパシリーズに、最新刊が登場!ママ&パパになる夢をかなえるための、不妊治療の最先端をまとめたバイブル的一冊です。

Amazon で購入する

楽天 で購入する

【監修】 森本 義晴 先生 HORACグランフロント大阪クリニック

IHORACグランフロント大阪クリニック院長。VF JAPAN CEO。 日本受精着床学会常常任理事。日本IVF 学会前理事長。アジア生殖医学会理事。関西医科大学卒業、同大学院修了。韓国CHA University客員教授、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、岡山大学客員教授。世界最大の不妊・不育治療専門機関「IVF なんばクリニック」「IVF 大阪クリニック」「HORACグランフロント大阪クリニック」を開設。気功や漢方など東洋的手法にも造詣が深い。最新刊に『はじめての不妊治療 体外受精と検査』がある。 HORACグランフロント大阪クリニック https://www.ivfhorac.com/

SHARE

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事

ランキング

全国の施設を探す